【いっぺあde渓谷】 市原市 養老渓谷の「ふるさと町おこし隊」公式HP 小湊鉄道 トロッコ列車|ワイルドポーク|地域活性化イベント

『いっぺあde渓谷』とは

この春、小湊線に「トロッコ列車」が登場しました。
「リニア」や「新幹線」といった時代の流れとは真逆のニュースです!
でも養老渓谷に一番ふさわしい鉄道発展だと、わくわくしています。
ローカル線ブームでわかるように、発展に追われる現代人は、ゆったりした時間と、
幼い頃過ごしたであろう自然豊かな空間を求めはじめています。
そんな夢を乗せて、トロッコ列車が養老渓谷にやってくるのです。
  
養老渓谷の景色は昔と変わらないなあと、ふと感じることがあります。
それは「変わらない」裏側には、町会や消防団、各家の管理などなど、
多くの努力あってこその成果なのです。
しかしそんな養老渓谷も全国の地方と同じように、少子高齢化の波には抗えない状況です。
そうした状況から、近年は故郷の養老渓谷を愛してやまない方々のおかげで、
車窓からの菜の花や花畑、駅ごとに飾られるイルミネーション、
道ばたの産直、草刈やお掃除・・・
そして観光協会、足湯、アートミックスの参画へとつながりました。
地元愛の努力の結晶が、小湊鐵道トロッコ列車という夢を呼んだように思われるのです。
 
そこで私たちも“自分を育ててくれた思い入れのあるこの地に、
何か恩返しがしたい”との思いが募り、
このたび“いっぺあde渓谷”という「ふるさと町おこし隊」が立ち上がりました。
「いっぺあde」とは、市原の方言で「いいでしょ?」という意味。
そして「ふるさと町おこし隊」なのは、
私たちの市原市のあらゆる地域資源を世の中に還元し、
地域の活性化と文化の振興を目的として活動する団体だからです。

“いっぺあde渓谷”の特徴は、次のふたつです。
1).自由なスタイルで参加できること
2).週末ならば自主的に参加できること
つまりフリースタイルで「いつでも」「何でも」「誰でも」OK!ということ。
「いーっぺあでー渓谷はー!って思っていれば、すべてOK!」という楽市楽座なのです。

養老渓谷の駅前に集まって、いつでも何でも誰でも自由なかたちで参加していただき、
多くのことを発信していきたいと考えています。
まずは週末、駅前に遊びにいらしてみてください。
“いっぺあde渓谷”のテントを見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。

『養老渓谷駅』はこれから、
さまざまな時間や空間の価値観が入り混じる人間交差点になるでしょう。
町は交通の発達とともに栄えてきた歴史があります。
まさしく平成の今、歴史の一幕が開き、
「ここでオれたちに、あにができんだっぺー」と試行錯誤が始まりました。
ぜひ多くの地元の皆さまにご参加いただきたいと思います。
地元の活性化を通して小湊線沿線、そしてふるさと市原市の発展を願ってやみません。

養老渓谷 お寺の住職 千葉公慈 合掌!
 

日付:2016/04/21 23:39

カテゴリー

後援

ichihara

協力

kominato いちはらワイルドポーク いちはらアート×ミックス

リンク

TV朝日 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 いちごの森ぶんぶん

最近のコメント